爆笑・感動・修羅場・深いイイ・衝撃・恋愛 ネットで話題のストーリーをまとめました!

話題のストーリー > 人生 > 猫「どうして人間は20年しか生きられないの?」←皆さんはその理由を知っていますか??

猫「どうして人間は20年しか生きられないの?」←皆さんはその理由を知っていますか??【1章】

猫「どうして人間は20年しか生きられないの?」←皆さんはその理由を知っていますか??

猫「どうして人間は20年しか生きられないの?」

「なんかね、そんな風に猫に云われた気がしたのです」

私が子を産んで三ヶ月が経ったある日。義娘がそんな呟きを漏らした。

「だって、おかしーじゃないですか。自分の子なのに……」

私は今、17歳。

この国の女性は、16歳で法定再生産年齢を迎え、第一子の懐妊が義務付けられると同時に、13歳の後見義娘を受け入れる。

何しろ20歳で死んでしまうので、我が子は長くとも3歳ほどまでしか世話をできない。

この子も昨年に来たのだった。私の元で我が子を育てるのはこの子。

私も今は亡き義母の子を与っており、今は4歳。6歳になると一人暮らしが義務づけられているため、ちょうど死ぬまで面倒をみる形で。

「猫だってそのぐらいだよ。私達が近付いたんじゃないかな」

「猫の寿命は延びたのに、人間さんの寿命はひどく縮んでしまった。ふこーへーですよ」

むくれて義娘が云った。

「そうだね」

そう。そうとしか言いようがない。私達は長生きし過ぎてきたのかもしれないけれど。

やっぱり、理不尽に思われてしまう。もっと、生きたい。

「義母ぁさんは、はやくつくろうとは思わなかったのですか」

13、4歳の早産に敢えて踏み切る女性もいることを言っているのだろう。

我が子と長く居たいためにそうする場合もあれば、あるいは若くして○○○○溺れてそうなる場合もあり。

母体への危険から奨励されないだけで、違法と言うことにはならない。

「怖がっていたら、いつの間にかこんな歳になっていたわ」

今でも正直、母という感じがしない。まだまだ、やりたいこともあった気がする。

けれど、流れ流され、後見義娘として子育てに励み、いつの間にかもう”法再齢”だった。

10: 名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:15:46.19 ID:sdRMB5sVO
凄く期待

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント